管更生工事 3Sセグメント工法

シースルー製管工法で充填が見え、品質を確保

老朽化したあらゆる管渠形状を考慮した、透明で軽量の更生用プラスチック製セグメント材を人力にて既設マンホールから搬入し、既設管渠内にて運搬を行いボルトナットで組み立てた後、既設管渠との隙間に3S充填材を注入し、3Sセグメント材、3S充填材および既設管を一体化した複合管を構築する技術です。

特徴

  • 施行準備が容易

  • 確実な施工が可能

  • 施工の柔軟性が大きい

  • 既設管の稼働状況への影響が小さい

施工工程

ページTOPへ
Copyright (C) 2018 株式会社ハラダ. All Rights Reserved.