管更生工事 SGICP工法

高トルク16.8kN-m 立杭1500より0.8m管推進

SGICP工法は、老朽化し管渠の形状に合わせて製作したライナー材に熱硬化性樹脂を含浸させ、既設管内に反転又は引込方式により挿入した温水を循環させて硬化させる。取付管と本管を一体的にライニングする技術。

使用する熱硬化性樹脂は3種類

  • 標準タイプ・・・従来より使用している耐食、耐水性を有した樹脂

  • 速硬化タイプ・・・標準タイプをベースに添加剤等により硬化時間が短縮できる樹脂

  • ノンスチレンタイプ・・・耐食、耐水性を有したスチレンが含まれていない樹脂

本管ライニングの施工工程

ページTOPへ
Copyright (C) 2018 株式会社ハラダ. All Rights Reserved.