ストライク工法

オーガ併用圧入式取付管推進工法【先端非開削技術】

ストライク工法は、「塩ビ本管への確実な接続」「耐震機能の保有」「省スペースからの発進」「地盤改良機能の保有」をコンセプトに開発された「圧入方式」の取付管推進工法です。

 

発進基地は、地上もしくは1500mm以上の円形ケーシング立抗。水平から鉛直方向へ推進可能。推進機本体に薬液注入機能を備えており、取付部の止水並びに推進管路部への地盤改良が可能です。

本管との接合部は、「ストライク支管」により「可とう性(免震)」「止水性(漏・浸入水防止)」「離脱防止性(耐震)」を備え接続する事ができます。

特徴

  • φ1500ケーシング立坑発進可能!

  • 推進角度 0°~90°に対応

  • 到達部への薬液注入をφ1500ケーシング立坑より施工可能!

  • 取付対象本管にさや管到達後、薬液注入するので、効果的な地盤改良を実現

  • 交通量の多い道路下の本管への取付も、離れた立坑内から施工が出来るので、交通渋滞解消に貢献

  • ストライク支管(耐震支管)採用の施工は、呼び径φ150mm~φ300mmの塩ビ管、呼び径φ250mm以上のヒューム管に、φ100 φ150 φ200mm管の取付が可能です。

ストライク支管(耐震支管) 地上側から遠隔操作で本管と接続します。(特許申請中)

  • 施工状況

    φ1500ケーシング内での施工

  • 施工状況

    L=0.4mのネジ切り鋼管で推進

  • 施工状況

    コア回収装置でみごと回収!

  • 施工状況

    右端がヒューム管用ストライク支管

  • 施工状況

    ストライク支管を先端に付けて挿入します

  • 施工状況

    鉛直取付推進状況

  • 施工状況

    管内の取付作業を確認できる
    ストライク工法専用カメラ

  • 施工状況

    ストライク工法
    専用カメラ(本管内)

  • 施工状況

    専用カメラモニター

  • 施工状況

    コア回収装置(塩ビ管用)
    (特許取得済み)

  • 施工状況

    コア回収装置(ヒューム管用)
    (特許取得済み)

  • 施工状況

    カッターガイド設置状況
    <本管の芯に穴をあける。>
    (特許取得済み)

ページTOPへ
Copyright (C) 2018 株式会社ハラダ. All Rights Reserved.